初恋の思い出

みなさんには「初恋の思い出」はありますか?
それはどんな「初恋の思い出」ですか?
甘い?つらい?温かい?悲しい?
様々な思い出が十人十色、千差万別にあることでしょう。
その「初恋の思い出」、今でも覚えていますか?

【記憶は風化していくけれど…】
人間の記憶というのは、時として残酷に思い出の色を奪っていきます。
そう、記憶は時間が経つにつれて風化していくのです。

ちょっと前まで鮮明に思いだせていたことが、ゆっくりと少しずつ声や色や言葉を失っていくのです。
けれど、そうした中でも、失われない思い出というのもあります。

衝撃的だったり、強く頭に刻みつけられた思い出は、本人の意思なのかほとんどの場合なくならないのだそうです。
何年たっても、色や声や言葉や風景、そういったものを鮮明に思い出せるのだとか。
人間とは、本当に不思議な生き物です。

【初恋の人との別れ】
みなさんの初恋は叶いましたか?それとも破れましたか?叶ったけれど別れましたか?

一番人の記憶に残るのは「叶ったけれど別れてしまった場合」ではないでしょうか。
一度は想いが通じ合ったはずの相手と次第にすれ違い、最後には別離して違う道を行く。その寂しさやつらさや痛みは、叶うことなく破れてしまった初恋よりも遥かに強く心に刻まれるでしょう。

仮に、初恋の人との恋がかなったのに、その相手と死別してしまった場合、その痛みはもっと強いものになります。
みなさんの中にそういった経験をしたことがある人はいますか?その痛みは乗り越えられましたか?

でも、初恋がすべてじゃありません。まだまだ、この世界には、あなたの世界には新しい出会いが溢れているのです。
一途なのも必要ですが、新しい領域に踏み出すのも必要なのです。